2/19開催 狩猟に興味のある若者必見! 新人猟師のための狩猟体験イベントのご案内

近年、日本の農山村では、人口減による耕作放棄地の拡大及び狩猟者の高齢化と減少、それに伴うシカやイノシシによる農作物被害(獣害)が深刻な問題になっています。その対策の一つとして、地方への移住、働く場所の創造及び猟師の育成は重要な政策です。しかし、都市部で生まれ育った人にとって、地方が抱える課題や狩猟・獣害はなかなか実感が湧きずらいと思います。丹波山村でも同様の問題を抱えています。

また、ここ丹波山村は、人口が550人の関東一小さな村ですが、猟師さんが35名と人口の約6%が猟師の村で、村民のほとんどは親類や近しい人たちに猟師が必ずと言っていいほど猟師さんがいて、猟期になると山々で鉄砲が鳴り、猟師たちが持ち帰った山の恵みを家々でいただく伝統がある村です。村ではそんな猟師さんのことを「鉄砲ぶち」(鉄砲撃ち)と呼びます。

今回の狩猟スタイルは猟犬を使わず人間だけで山を歩き、寝屋と呼ばれるシカやイノシシが寝ている場所へ忍び足で歩いて行く「忍び猟」と呼ばれるスタイルです。

獲物が取れた場合は解体の体験もできます!なお、村内にあるジビエ肉加工処理場に搬入できる場合はそこで解体精肉までの一部を見学することもでき、加工処理場で解体したお肉は精肉して後日皆様へお届けいたします。

団体でのご参加も対応致します。

□ スケジュール ※獲物の捕獲、天候などにより予定が変更になる場合がございます。

2月19日(火)の活動内容
8:00~ 集合@丹波山村道の駅 移動
8:15~ オリエンテーション
8:45~ 登山開始
    猟師と共に山を登ります。
    山慣れしていない方の参加を想定したルートを登る予定です。
    途中で狩猟鳥獣が発見できた場合はその場で銃を発砲します。
    獲物が獲れた場合は会終了後に解体をします。
    ※見学希望の方は見学も可能です。
13:00~ 下山 昼食
14:00~ 民宿へ移動(村営温泉の無料入浴券をお渡しいたします。)
17:00~ 民宿での宴会(ジビエなど地元でとれた食材を使った宴会料理)

□ 定員:10名(定員に達し次第募集を締め切らせていただきます。)

□ 注意事項
今回のツアーでは整備された登山道ではない所を歩くため、参加される際には登山に適した服装、靴、手袋などをご用意下さい。

また、降雪・雨天等によりやむを得ずツアーが中止される場合がございますことご了承ください。

□ 服装例
上着:登山用フリースジャケット
肌着:速乾性の高いもの
ズボン:伸縮性のある登山用ズボン
手袋:作業用ゴム手袋
靴:スパイク長靴またはスパイク足袋

また、リュック内にお昼ご飯、水分、簡易雨具(カッパ・ポンチョ等)をご用意いただきますようお願い致します。

□ お申し込み
お電話またはEメールにてご連絡くださいませ。なお、ご不明な点等ございましたお気軽にお問い合わせください。

電話:0428-88-0789
Email:yukinori@athome-supporters.com

□ 主催者
株式会社アットホームサポーターズ
担当:保坂