LEARN

渓流・湖エリア

丹波渓谷

2020.04.28

ブナの原生林、広葉樹と針葉樹の混在した山々と数々の小さな渓流があり、それらが集まって丹波川となります。渓谷の風景は四季とりどりに美しく変化し、春には山桜やミツバツツジ、初夏には新緑の芽吹きと薄紫色の藤の花が見られます。秋の紅葉は渓谷のコントラストと合わせてとても美しく、青梅街道を宿エリアから甲州市側へ約8KM(おいらん渕付近)までのドライブでは、大きな岩や曲がりくねる水が渓谷をデザインする様は圧巻です。

 

ナメトロは丹波渓谷の代表的なビューポイント。切通しの岩壁を目の前にして川を上から見下ろす絶景。駐車スペースが1台程しかないこと、カーブ途中にあることで出入庫は特にご注意ください。

 

羽根戸トンネルの東京寄り(丹波寄り)入り口付近にある羽根戸の飛び越し岩。昔は若者がこの岩を対岸へ飛ぶという度胸試しの遊びをしたのが呼び名の由来です。この淵にはまると浮き上がれないという危険個所なので橋の上からの景色を楽しんでください。

 

丹波山から国道411号を上り尾崎行雄記念碑の手前を左に逸れた三重橋の近くの三重河原。車を降りて渓流散策できる数少ない場所です。旧青梅街道の名残とともに清涼感を味わえます。

 

Googleマップ

その他の渓流・湖エリア

奥多摩湖

丹波川はこの鴨沢口で奥多摩湖に注ぎ多摩川へ名前を変えます

水源の里

丹波川をファミリー向けに開放したエリア…村営のつり場等

TAG LIST

NEWS MAIL

ニュースメール

丹波山村の最新情報をメールでお届けします。
ご希望の方はメールアドレスを入力し、
登録ボタンを押してください。

CONTACT

お問い合わせ

丹波山村に関する
ご意見・お問い合わせはこちら。
移住に関するご相談もこちらでお受けします。

お問い合わせ